資格と検定試験 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格と検定試験

資格とは、ある行為を行うことを権限者から許された地位のことをいう。
一般的には試験等に合格した者に与えられる地位。

一方、検定試験資格に似ていて、一定の能力があることを
権限者により確認された立場も指すことがあり、その確認、証明方法
としての役割を持っている。

また、検定試験資格の有無を確認するという性質のものではなく、
知識や技能などの水準を級分けで証明することが多いということが
資格との違いである。


資格は大きく分けて2つに分類される。

権限者による分類。
業務範囲による分類。

権限者による分類は更に
国家資格、公的資格、民間資格に分類される。

業務範囲による分類は更に
業務独占資格、必置資格、名称独占資格に分類される。


資格補足。

資格は、権限者から許された地位だけではなく、
社会の多様な場面でその行為に相応しいと認めるための
条件について使用される言葉でもある。

資格を満たすべき基準には
法的な地位、経済的な状況、身体的な情況などがある。

この基準を満たし、社会の多様な場面で行う行為には
入会資格、入場資格、入札資格、発言をする資格などがある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。