高学歴者も実務熟練者も無視できない存在になってきた資格。 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高学歴者も実務熟練者も無視できない存在になってきた資格。

日本、世界も含めた長引く不況により、
企業はまさに即戦力を求めるようになってきました。


大学生もインターンシップ制度を利用したり、専門学校に通うなど
学歴に甘んじてきた体質から抜け出そうと必死になってきています。


しかし、即戦力ということを考えると
実務の経験がない未経験者には就職を考えた時どうしても
不利になり、それは、酷な話です。


それでは、そんな未経験者はどうすればいいのでしょうか?


実務未経験者を就職まで導く選択のひとつとして、
資格の取得があります。


最近は資格の考え方・捉え方には変化の兆しがあります。
机上の理論よりも実務に活かせる、即効性や総合力を試すものが
増えてきています。


前述した実務未経験者にとっての資格取得とは
将来のまたは今現在の就職活動には最大の武器なのです。


同様に経験者においても、資格とはより上を目指し
さらにスキルを向上させるためには必須のツールなのです。


実務はある特定の部分に偏りがちで、
その分野を全体的に網羅したものではないからです。
一方で全体を包括しているのが資格なのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。