IT業界だけでは留まらない、Adobe認定資格 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT業界だけでは留まらない、Adobe認定資格

AdobeAdobe Systems Incorporated)は
ビジュアル製作ソフトのIllustratorやDreamweaverなどの
数多くの傑作を生み出してきた。


Adobe認定資格には、そのAdobe製品の
習得具合をみる指標となる4つの認定資格がある。

1.「ACE(アドビ認定エキスパート)」
2.「ACP(アドビ認定プロフェッショナル)」
3.「ACI(アドビ認定インストラクター)」
4.「AATC(アドビ認定トレーニングセンター)」


Adobe製品に関する専門知識を認定する
資格が「ACE」と「ACP」。

Illustrator、InDesign、Photoshopなど
従来のAdobe製品を対象とするのが「ACE」。

Dreamweaver、Flashなど
Macromedia系の製品を対象とするのが「ACP」。


ACE」と「ACP」よりもさらに
高レベルの専門知識を試す資格が「ACI」。

ACI」は「ACE」を少なくとも1科目合格し、
インストラクターとしての資格をもつことを
証明しなければなりません。


最も高レベルの資格が「AATC」。
AATC」は「ACI」に登録し、Adobeコースの開講を含め、
幾つかの条件をクリアする必要があります。


この4つの資格は、IT業界だけでは留まらず、
コンサルタントDTPをはじめ様々な業界から注目を集めています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。