北方領土検定に挑戦を千島連盟中標津青年部ネットで初級編 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北方領土検定に挑戦を千島連盟中標津青年部ネットで初級編

千島歯舞諸島居住者連盟中標津支部青年部(舘下雅志部長)は
21日午前10時から30日午前10時まで、
昨年に続き同青年部のホームページ
http://nakashibetsu.chishima.org/)上で、北方領土ネット検定初級編を実施する。

幅広い人に北方領土問題へ関心を持ってもらおうと、
昨年9月に初級編、今年2月に中級編を初めて実施。

初、中級合わせて全国から152件の応募があったほか、
問題へのアクセス数は700件にも上った。

詳しくは ↓
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/247176.html


北方領土(ほっぽうりょうど)とは、
北方四島(ほっぽうよんとう)とも言われている。

北方地域は日本の各種の法令において使用される用語で、

歯舞群島(はぼまいぐんとう)あるいは
歯舞諸島(はぼまいしょとう)。
色丹島(しこたんとう)。
国後島(くなしりとう)。
択捉島(えとろふとう)。

これらの他に
その他内閣総理大臣が指定する「北方の地域」を指すことがある。


これだけでも、読み方の問題がいくつか出せそうですね。
また、ロシア語でも島の名称の読み方は同じだったり、
違ったりしていて、アイヌ語もまた表現の仕方が
変わっています。


興味のある方は
北方領土検定を受けてはどうでしょうか?
ネット上で受験可能ですよ。

85点以上の応募者には認定証のほか、
成績上位者には花咲ガニや地場産乳製品、
ジャガイモのプレゼント特典があるそうです♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。