CGは産業、学術分野でも人気の資格 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CGは産業、学術分野でも人気の資格

CGはゲーム、映画だけではなく、
産業、学術分野でも人気の資格です。


CGは、コンピューターグラフィックスといい、
パソコンで絵を描く技術のことです。


最近では2次元だけでなく、3次元を描写することも
主流になってきております。


CGといえば思い浮かぶのは
ゲームソフト、映画、最近ではテレビやCM
などでもお目にかかりますが、

視覚的にシミュレーションを行う事も可能な事から
設計からデザインなど多彩な分野で利用できる技術です。

よって、産業、学術分野などでも注目を集めています。


また、パソコンや携帯電話の普及により、
動画が手軽に利用できるようになったため、
動画への需要も高まっております。


CGに関する資格としては

CGクリエイター検定
CGエンジニア検定などがあります。


CGクリエイター検定
ソフト活用能力、表現力が問われる
ゲームやアニメーションの制作を中心に意識した資格です。

絵コンテ・シナリオ・予算・日程に関する一定条件の下で、
挑まねばなりません。

CGクリエイター検定 ↓
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/creator/index.html

活用分野は
映画、アニメーション、CM、ゲーム、
ミュージックビデオなど。

想定機種は
ディジタルアーティスト、CGモデラ、
CGアニメータ、CGデザイナー、ゲームクリエイター、
グラフィックデザイナーなど。


CGエンジニア検定
ソフトだけでなくハードの知識も問われます。

それは産業や学術の分野が主な対象となるためで
さらにはシステム開発能力も試されます。

こちらも一定条件が課され、
開発目標・予算・作業工程なども加味しなければいけません。

CGエンジニア検定 ↓
http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/cg_engineer/index.html

活用分野は
アニメーション、映画、VR(バーチャルリアリティ)、
MR(ミックスドリアリティ)など。

想定機種は
CGプログラマ、ゲームプログラマ、
ソフトウェアエンジニア、CADエンジニア、
テクニカルディレクタなど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。