金融のプロである証のファイナンシャル・プランナーFPは活躍の道が多く用意された資格。 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融のプロである証のファイナンシャル・プランナーFPは活躍の道が多く用意された資格。

FPとは
Financial Planingの略でファイナンシャル・プランナーの事です。


実際にやっている仕事の内容は、顧客の資産運用や生活設計を
顧客の立場になって提案することです。

扱うものは不動産、保険、株などの金融商品が対象となります。

一般的に金融商品は内容が複雑で理解しにくく、
どれをどの程度選ぶのかが難しくなります。


そこでFPは、現状だけでなく将来も見据えた上で、
ベストな提案をしてくれます。


そのFPには複数の資格があります。

まずは、
国家資格であり、1~3級が用意されている、
「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」。

ファイナンシャル・プランニング技能士とは

顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの
立案・相談に必要な技能の程度を検定します。

試験は、1級、2級、3級とも学科試験と実技試験で行われ、
それぞれ合否判定を行います。

実技試験は選択科目方式になっており、
受検申請の際に試験科目(業務)を選択します。

2級と3級は、学科試験と実技試験を同じ日に
受検することができます。

1級は、学科試験合格後に実技試験を受検します。
学科試験あるいは実技試験の合格者には一部合格証書を発行し、
学科試験と実技試験の両方に合格すると、合格証書が発行されます。

一部合格者には試験免除制度があり、
学科試験(あるいは実技試験)のみの合格者は、
学科試験(あるいは実技試験)が免除されます
(ただし、合格した学科試験(あるいは実技試験)の
 試験日の翌々年度までに行われるものに限る)。


次に、
民間資格で日本FP協会が認定する「AFP」。
AFP」は国家資格である「FP技能士2級」の資格も与えられます。


そして、
国際ライセンスである「CFP」。
これはCFP BOARDと日本FP協会が提携して登場させています。

CFP」の資格取得は試験通過だけでなく、
独自の研修の修了などを経て得る事ができます。


FPの資格は汎用性が高いため、
活躍の道が多く用意されています。

証券アナリスト社労士公認会計士
など数多くの職業に活かせます。

いうまでもなくFPの資格は
転職や独立の際にも強力なアピール材料となります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。