IT系資格の人気よりも、それを活かすには将来像を描く事。 - 資格検定@学び系情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IT系資格の人気よりも、それを活かすには将来像を描く事。

昨今、IT系の資格に人気が集中しているようです。


株式会社アイシェアが2009年に実施した
「取得したい資格に関する調査」というアンケート結果では

20代~40代を中心とした男女の人気
IT系、語学系、法律系の順で、
各々33.8%、16.3%、12.5%と続きました。


では現在、IT資格を取り巻く環境はどうなっているのでしょうか。

インターネットコム株式会社と株式会社マーシュが2009年に実施した
「IT 関係の資格に関する調査」というアンケート結果では

IT関係の資格を持つ者は全体の14.5%。
保有資格数の上位3つは、

「初級システムアドミニストレーター」
「基本情報技術者」
「ソフトウェア開発技術者」

の順です。


この数字をが示す環境を意識しておく事も大切ですが、
最も大切な事は、保有している資格をどう活用するのか、
と言うことが言えるでしょう。


保有資格を

1.就職・転職時の自己アピール材料にする。
2.パソコンスキルの向上を図るために利用する。
3.守備範囲を広げるための発奮材料にする。

などどれも有効的でしょう。


さらに最も重要な事は

「自分の置かれた環境を認識して、将来像描く事

これが出来なければせっかくの資格も
宝の持ち腐れではないでしょうか。


将来像を具体的に考えてみる。

まず、3年間はプログラマーでスキルを磨く、
その後はシステム・エンジニアを目指す。

他にもネットワーク管理者、webデザイナーなど
段階的に将来像を描いてみましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。